メリット・デメリット 不動産投資

【マンションやアパートの経営】不動産投資のメリットとデメリットまとめ

更新日:

【マンションやアパートの経営】不動産投資のメリットはこれだ!

不動産投資を始める目的は、このように人によって違いがあります。

・自分が亡くなった時に残された家族が心配
・今の収入では満足できないから副収入が欲しい
・将来の子供の学費を考えるとお金を貯めておきたい

投資と一口に言っても株式やFXなど幾つもの種類がありますが、その一つが不動産投資です。

不動産投資とはマンションやアパートを経営し、利益を得ることを目的に他人に貸し出したり価値が上がったタイミングで売却したりすることを指します。

このページでは不動産投資のメリットを詳しく説明していますので、他の投資とどう違うのか比べてみてください。

安定した収入を確保できる

不動産投資で利益を得る方法は、大きく次の2つに分けられます。

・入居者から家賃の収入を得る「家賃収入(インカムゲイン)」
・物件を売却した時に得られる「売却益(キャピタルゲイン)」

前者の家賃収入(インカムゲイン)に関しては、毎月安定した収入を確保できるのが最大のメリットですね。

部屋を借りるに当たって、通常は1年や2年など長期的な契約となります。

その間は賃料が下がることはないため、働かなくても収入が入ってくるわけです。

不動産投資による利益は不労所得となりますので、「怪我で働けなくなった」「病気で寝込んでいる」といった場合でも関係ありません。

売却益(キャピタルゲイン)で利益を上げるには売買のタイミングを見極めないといけませんが、家賃収入(インカムゲイン)は本業の収入の補てんとして活用できます。

元本の変動リスクに対して高い利回りが期待できる

不動産投資は、元本の変動リスクに対して高い利回りが期待できるメリットがあります。

これはマンションやアパートの家賃が外的要因を受けづらく、入居者さえいれば毎月一定の収入が入ってくるのが理由です。

不動産投資とは違い、以下の金融商品は決して安定的とは言えません。

・株式投資
・FX(外国為替証拠金取引)
・投資信託
・金やプラチナ

これらは一般的に元本の変動リスクが高くなるにつれて利回りも高く、変動リスクが低ければ利回りも低くなりますので、不動産投資とは異なります。

FXは特にハイリターンが得られる反面、ハイリスクを背負わないといけないと頭に入れておきましょう。

個人の希望に合わせて投資対象を変えられる

不動産投資と一口に言っても、投資対象には幾つかの種類があります。

個人の希望に合わせて投資対象を変えられるのも、不動産投資のメリットです。

例えば、同じアパートの経営でもワンルーム1室と1棟アパートとでは、次のようにメリットが異なります。

<ワンルーム1室のメリット>
・少額の資金から始められるので借入額が少なくて良い
・分譲タイプのワンルームは火災や地震に強い

<1棟アパートのメリット>
・1つが空部屋になっても他の部屋でカバーできる
・ローンを上手く活用すれば少ない自己資金で多額の収入を得られる

「○○○が良い」と決め付けることはできないので、自分の貯金や年収を加味して不動産投資の対象を決めましょう。

自分の努力で利益を増やせる

株式投資やFX、仮想通貨といった金融商品は市場の動きに身を任せる必要があります。

本やサイトで勉強して知識やノウハウを付けることはできても、自分の努力だけではどうにもなりません。

一方で不動産投資は自分の努力で利益を増やせるのが特徴で、具体的に何をすれば良いのかまとめてみました。

・現地調査を徹底して行って人気の物件を探す
・外装や内装を綺麗にしてマンションの価値を高める
・「ペット可」など入居者の募集条件を見直す

ただマンションやアパートを持っているだけでお金が入ってくるわけではないため、入居者を増やす努力は必須ですよ。

節税効果が得られる

不動産投資では毎年発生するランニングコストを経費として計上できますので、節税効果を得ることができます。

不動産の購入や維持に当たり、どのような費用がかかるのか代表的なものを挙げてみました。

・不動産会社に支払う仲介手数料
・不動産所得税
・借入金利息
・賃貸管理会社費用
・ローン金利
・固定資産税
・減価償却費

例えば、サラリーマンが不動産投資を始める場合、給与所得と不動産投資での損益を合算して計算できるため、上手に使えば所得税や住民税を減らす節税対策ができます。

副業は禁止されている会社でも不動産投資は原則的にOKですので、将来に備えてサラリーマンが始めるのは選択肢の一つです。

不動産投資のデメリットで押さえておきたいポイント

「何もしなくても毎月安定した収入が入る」「株式やFXよりもリスクが少ない」と聞き、不動産投資に惹かれる方は少なくありません。

金融機関からの借り入れで資金が少なくても始められるのは魅力的ですが、不動産投資にも幾つかのデメリットがあります。

以下では不動産投資のデメリットで押さえておきたいポイントを説明していますので、マンションやアパートの物件を購入する前に目を通しておきましょう。

空室になるリスクがある

どんなに魅力的なマンションやアパートでも、空室になるリスクは少なからずあります。

入居者がいなければ賃貸収入は得られないため、必ずしも毎月収入が入ってくるわけではないのが不動産投資のデメリットです。

この空室を対策したい方には投資用不動産を管理会社が借り上げるサブリースがおすすめで、次の2つの利点があります。

・空室の有無に関わらず一定の金額が支払われる
・退去者が出ても収入が途切れずに済む

サブリースも不動産投資の選択肢の一つですので、自分に合う投資スタイルを見つけましょう。

建物の老朽化のリスクがある

新築で綺麗なマンションを購入しても、経年劣化によって建物の老朽化のリスクがあります。

だんだんとボロが出てくるのは仕方がないものの、放置していると以下の弊害がありますので注意が必要です。

・入居者が退去した際に新しい入居者が決まらない
・物件の魅力が下がって他の競合に負けやすい

不動産投資では物件のメンテナンスが大事ですので、常に最良の状態で維持する長期修繕計画を検討してください。

金銭的なリスクが大きい

上記で説明した内容と少し被りますが、金銭的なリスクが大きいのは不動産投資のデメリットです。

以下では不動産投資を続けるに当たり、金銭面でどんな弊害があるのかまとめてみました。

・銀行から大金を借りる借入リスク
・住人が火事を起こした際の火災リスク
・入居者が家賃を支払ってくれない未払いリスク
・不人気地域や大学撤退による賃料リスク

今から不動産投資を始める方は、「金銭面でのリスクが大きい」「意外とコストがかかる」という2点を押さえておくべきですね。

直ぐに売却できるとは限らない

不動産投資は家賃収入だけではなく、売却で利益を得るのも選択肢の一つです。

生活費に充てる目的で物件を売却するケースは多く、家賃収入とは違って次のメリットがあります。

・直ぐに現金化してローンを完済できる
・固定資産税や都市計画税が軽減される
・残りの年数分の火災保険料や地震保険料が返ってくる

数十年後の将来を見据えて不動産を売却も考えないといけませんが、直ぐに売却できるとは限らないのがデメリットです。

購入した当初は魅力的な物件でも、市場の変化で投資用不動産が将来売却できない可能性もあると心得ておきましょう。

まとめ

以上のように、不動産投資にはメリットだけではなくデメリットもあります。

良い部分と悪い部分の両方を把握した上で投資をスタートしないと、後々に失敗するリスクが高まりますので気を付けないといけません。

そこで、不動産投資のメリットとデメリットに関する詳しい知識やノウハウを学びたい方には、ベルテックスのセミナーがおすすめです。

ベルテックスのセミナーでは、次のように不動産投資を始めるに当たって欠かせないノウハウを学べます。

・避けるべきアパート物件や首都圏物件と地方物件の違い
・マンションの購入で発生する税金や諸経費
・安全で正しい買い増しの進め方
・付き合ってはいけない不動産業者の特徴

不動産投資のメリットとデメリットの両方を把握した上で取り組むことができますので、是非一度ベルテックスのセミナーを受けてみてください。

こちらの記事もおすすめです

1

【マンションやアパートの経営】不動産投資のメリットはこれだ! 不動産投資を始める目的は、このように人によって違いがあります。 ・自分が亡くなった時に残された家族が心配 ・今の収入では満足できないから副 ...

2

不動産投資で失敗する理由はこれだ! 不動産投資を始める前に、どのような人が失敗するのかきちんと確かめておかないといけません。 不動産投資で誰でも簡単に儲けられるのであれば、みんなチャレンジしていますよ ...

3

不動産投資セミナーの正しい選び方で押さえておきたいポイント これから不動産投資にチャレンジしたい方には、セミナーの参加がおすすめです。 セミナーの種類や内容によって違いはありますが、次のようなノウハウ ...

-メリット・デメリット, 不動産投資
-,

Copyright© 不動産投資のすすめ , 2018 All Rights Reserved.