ポイント 不動産投資

不動産投資で失敗する理由と成功するために押さえておきたいポイント

更新日:

不動産投資で失敗する理由はこれだ!

不動産投資を始める前に、どのような人が失敗するのかきちんと確かめておかないといけません。

不動産投資で誰でも簡単に儲けられるのであれば、みんなチャレンジしていますよね。

中には不動産投資で失敗して大きな借金を抱えてしまった人もいますので、何が原因なのか把握するのが大事です。

そもそも、どのような状態で失敗となるのか次の3つの定義が挙げられます。

・収益と収支のバランスが崩れて支出だけが増え続ける
・借入金額の割合が高くなって金融機関への返済が滞る
・長期間に渡って赤字が続いて住宅が差し押さえられる

このページでは不動産投資で失敗する理由をまとめていますので、どんな点に注意すれば良いのか見ていきましょう。

価格が安いだけで物件を選んでいる

不動産投資を始めるには、まず最初にマンションやアパートなどの物件を購入します。

物件の選び方は重要なポイントの一つで、「安いから・・・」「金銭的な負担が少ないから・・・」と選ぶのは失敗の大きな原因です。

不動産投資は一千万円単位の高額な商品ですので、安い物件を選びたくなる気持ちは分かります。

しかし、価格が安いのには以下の理由があるため、事前に押さえておかないといけません。

・「駅から遠い」「治安が悪い」など立地条件に問題がある
・「築年数が古い」「エレベーターがない」などスペックが悪い
・居住者のマナーが悪いなど物件自体に何かしらの問題がある

立地条件やスペックが悪ければ、当然のように入居する人も少なくなります。

「安く物件を購入できたのは良いけど、中々入居者が決まらなくて家賃収入を得られない」という失敗例は非常に多いので、不動産投資では慎重に物件を選びましょう。

何も考えずに新築のマンションやアパートを購入する

何も考えずに新築のマンションやアパートを購入するのは、不動産投資で失敗しやすい理由の一つです。

築年数が古い物件と比較して新築のマンションやアパートは入居者の候補が増えますが、次のように幾つかのリスクがあります。

・業者の手数料や広告費がコストとして加算されるので物件価格が高い
・高値で物件を購入すれば、それだけ返済比率も比例して高くなる
・空室やリフォームといった出費で赤字になりやすい
・一度入居者が付くと期間に限らず中古物件扱いとなる

入居者がいない状態は新築でも、一度出てしまうと中古扱いになる点には注意が必要ですよ。

例えば、「新築の状態で入居者が決まった」⇒「1年足らずで退去した」⇒「周りに競合の新築マンションが建った」⇒「仕方なく家賃を下げるしかなくなった」⇒「当初のシミュレーションが狂った」という失敗は十分に考えられます。

「新築はダメ」「中古が良い」とは一概に決め付けられないものの、不動産投資で物件を購入する前にしっかりとシミュレーションをしましょう。

購入物件の事前調査が甘かった

購入物件の事前調査が甘い人は、不動産投資で失敗しやすい代表的な特徴です。

マンションやアパートは現地を見なければ、良し悪しを判断できません。

現地を良く見ないで物件の購入を決めていると、このような失敗のリスクが高まってしまいます。

・いつまで経っても入居者が決まらず、空室の状態が続いて出費だけが増えていく
・台風の度に浸水する地域で、「床上浸水した木造アパート」という風評が付いた
・設備や間取りなどの物件の魅力が低くて競合マンションに負けてしまう
・大学生需要で物件を購入したが、大学の移転で入居者がいなくなった
・裏手がゴミ屋敷でゴキブリが大量発生する物件だった

事前調査は物件の現地確認だけではなく、周りの環境や将来も見据えて行うのがポイントです。

つまり、「地域ごとの災害」「周辺の競合物件」「入居者のニーズ」など、あらゆる角度から起こり得るリスクを想定して不動産を購入してください。

収支の見通しが甘い

収支の見通しが甘いと、不動産投資で失敗する大きな原因です。

マンションやアパートを購入したり維持したりするには、以下のように様々な費用が発生します。

・不動産取得税や固定資産税などの税金
・金融機関に返済するローン
・物件全体にかかる管理費や建物修繕費
・賃貸管理を不動産会社に依頼する代行費用
・税理士に確定申告を依頼する報酬料

つまり、収支の見通しが悪いと利益よりも支出が多くなり、赤字の状態が続きやすいわけです。

中でも、借入先の金利の上昇や空室率の増加による入居者募集の広告料は大きな痛手ですので、不動産の購入前だけではなく物件を取得した後のシミュレーションも怠らないようにしましょう。

不動産投資で成功するために押さえておきたいポイント

不動産投資を始めようと決めて、失敗したいと考える人はいません。

不動産投資をスタートする目的は人によって違いがありますが、誰でも成功したいと考えるのは一緒ですよね。

しかし、何の知識も無しに行き当たりばったりで取り組んでいると、「資金が底をついてしまった」「赤字から抜け出すことができない」「物件を差し押さえられてしまった」といった失敗に繋がります。

そこで、以下では不動産投資で成功するための押さえておきたいポイントを紹介していますので、一度目を通しておきましょう。

・物件を購入する前に、不動産投資に関する知識やノウハウをじっくりと勉強する
・「新築か中古か?」「都心部か郊外か?」「周辺環境はどうか?」と念入りに購入する物件を選ぶ
・入居者のニーズを満たすことができる資産価値の高い不動産を探して購入する
・出費と利益を事前にシミュレーションして、経営が成り立つのか予測する
・頭金を多くしたり安い金利で借り入れたりと、借り入れの際のリスクを減らす
・なるべくマンションやアパートの空室を作らないために、優良な不動産管理会社を選ぶ

不動産投資に関する勉強を行ったり、物件の正しい選び方を把握したりするのは成功の秘訣です。

とは言え、何の知識もない初心者の場合は、何から手を付ければ良いのか分からなくなります。

「不動産投資を始めたいけれど最初の一歩を踏み出すことができない・・・」という方は多いので、ベルテックスのセミナーに参加してみましょう。

ベルテックスの不動産投資のセミナーでは初心者のために、アパートの経営で毎月収入を得る仕組みやノウハウを提供しています。

専門家やスペシャリストの知識や経験は今後の不動産投資の参考になりますので、是非一度ベルテックスのセミナーを受けてみてください。

まとめ

以上のように、不動産投資を成功させるには、どんな理由で失敗するのか把握するのが大事です。

「マンションやアパートの選び方が間違っている」「事前調査を怠っている」「収支の見通しが甘い」など、失敗する人には共通する特徴があります。

メリット以外にもリスクがあるのが不動産投資ですので、まずは最低限の知識を付けることから始めてみましょう。

こちらの記事もおすすめです

1

【マンションやアパートの経営】不動産投資のメリットはこれだ! 不動産投資を始める目的は、このように人によって違いがあります。 ・自分が亡くなった時に残された家族が心配 ・今の収入では満足できないから副 ...

2

不動産投資で失敗する理由はこれだ! 不動産投資を始める前に、どのような人が失敗するのかきちんと確かめておかないといけません。 不動産投資で誰でも簡単に儲けられるのであれば、みんなチャレンジしていますよ ...

3

不動産投資セミナーの正しい選び方で押さえておきたいポイント これから不動産投資にチャレンジしたい方には、セミナーの参加がおすすめです。 セミナーの種類や内容によって違いはありますが、次のようなノウハウ ...

-ポイント, 不動産投資
-,

Copyright© 不動産投資のすすめ , 2018 All Rights Reserved.